アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
知識の世界の扉を開けたとき
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
浜松市長選、鈴木康友候補やがて経済界から離れる
 浜松市長選でもう一つの争点は、鈴木康友候補がありがたすぎる経済界のバックアップに 康友氏本人の個性が埋没しつつあり、早くも経済界離れか?いやまだだとしても早晩そうなるのは確実であろう。しからば今回の選挙は一体なんのための選挙。ただ単に特定の人たちが現職を降ろしたいからだけ?まったく良識ある市民を愚弄すのもほどほどにしてほしいものだ。  ねばならない戦いに勝つことが鈴木候補の使命。この先のことはそれから考えようと思っている。そう思わないと戦えないのがいつわざる心境だろう。仮に得票数が14万票... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/27 23:23
浜松市長選挙、浜松市の近未来を担うのはあなたの一票だ!
 25日浜松市長選挙が他の3政令指定都市とともに告示された。札幌市や広島市は非常にメディアの露出度が多く注目選挙となっている。  しかし、浜松市長選挙は2つの意味で、非常に注目されるべきである。  一つ目は、国を挙げての合併が非常にスムーズに行ったと評価される浜松市。いわば優等生であるわけだ。その優等生の浜松市を合併に導き、政令指定都市となる日が選挙戦の最中に迎えるわけだ。これはもう超法規的な法律で現職市長を一期続けさせてもよいとしてもよいぐらいだ。なのに、合併協のメンバーだった企業人も含め... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/27 23:01
NHKの紅白歌合戦には驚いた
 わが家では今でも恒例の年越しスタイル、NHK紅白歌合戦を視聴している。親子3世代が久々に集まり、コタツに思い思いに寝そべっての視聴である。十数年前まではおそらくどこの家庭でも同じスタイルだったのだろう。  ところが2006年の紅白には驚いたDJ OZMAのあのシーンである。小生も目を疑ったが娘も恥ずかしそうに視線をはずしていた。頭の中では、こんなハプニングが起きたらカメラは別のところを映すだろうと思っていたがまったく切り替わる風もなく過ぎた。  衣装だろうと見抜いたのは細君一人。他は「これ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/10 22:34
民主党のテレビコマーシャルダサいよね!
 テレビコマーシャルを見て驚いた。若いタレントの露出度が多い中、いかにもあの三人はテレビ向きではない。マイナスイメージが定着する恐れがあるのではないか。早めに打ち切った方が民主党のためではないでしょうか。若手候補を擁立し新鮮なイメージがある中で、あれはないだろう。がっかりです。ひょっとして自民党が作った民主党のマイナスイメージを狙ったコマーシャルかと疑ってしまいます。  小沢現代表、それに元代表の菅さん、鳩山さん構図から考えてもセンスがなさ過ぎる。  どうせつくるのなら、小沢氏はマエストロ役... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/09 22:39
2007年の風景
 昨年と今年の境界線がないまま2007年を迎えたような気分だ。何もかも06年を引き摺っているという感じだ。NHKのウィーンフィルのニューイヤーコンサートは圧巻だった。新年に相応しいコンサートだヨハン・シュトラウスの澄んだ曲は平和のような気がする。音楽に国境はない。ヨーロッパは一つだというのが、指揮者のズービン・メータのユーロへの仲間入りを賞賛するあいさつは素晴らしかった。  もう一つ、昨年から夕張市の財政破綻が成人祭にも影響を与え、その模様をみのみんたさんの朝ズバが取材をリードした。  財政... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/08 22:37
浜松市長選に民主党前衆議院議員の鈴木康友氏が出馬表明
 12月22日、鈴木康友氏が浜松市長選にようやく出馬表明した。噂になってから約3週間、あまりにも時間がかかり過ぎた出馬表明となった。もちろん民主党の静岡8区総支部長としての立場、衆議院議員2期務め、前回05年の選挙で落選し、次の選挙に向けて準備中の身とあっては支持者や党関係なによりも自分自信を納得させなけれならないという時間が必要だったのかもしれない。  しかし、明らかなのは最初から鈴木氏はが市政の舵をとることに関心があったとは思えないことだ。経済人からの猛烈なラブコールがあったからだろう。分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 23:14
続浜松市長選
 市民が望む市長選立候補者は、自らが浜松市政をこうしたいという思いがある人が立候補すべきで、誰かに言われたから出馬するのものではないと思う。  現在官製談合が言われています。利害関係者が多くなればなるほどその危険性は多くなります。また、顔色を伺う人が増えれば増えるほど自分の政治が行えなくなります。このところはS氏は一番わかっていることだと思う。それでも支持母体が増えつつある。こうしてもらいたい、ああしてもらいたいという要望も入っている。これらを満たしていては行政は回りません。   何をすべき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/12 22:42
のだめにハマッタ?
 もちろん、「のだめカンタービレ」のこと。ドラマは欠かさず見ているが、原作のコミック風で非常に面白い。クラッシクにちょうどはまっていること、ドラマのストーリーが面白いことと重なってのだめにはまってしまったのだと思う。  音楽は誰でも親しめる社会性のあるもので、そこには学歴も何も存在しない。音楽エリートの「千秋」と落ちこぼれの「のだめ」だが、決して「のだめ」は落ちこぼれではない。むしろ、音の葉を完璧に取り込むことが出来る天才なのかもしれない。芸術とは異なる二つのタイプがあると思う。これが、ドラマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 21:17
復党問題は是か非か?
復党問題は是か非か? 郵政民営化に反対した自民党議員の復党を決めた自民党。先の衆議院選挙は一体何だったのか。自民党の提出した最重要の法案に反対し、莫大なお金をかけて選挙までしたあの選挙は自民党の中の裏切り行為に端を発し、ついには解散総選挙となった。  何かがおかしいこの状況。本来反対した議員は自ら離党すべきで、党というものを何と考えているのか。また、政権政党の第一党である自民党という枠組みの中での構図なため余計に罪は重い。  新しい党を作って、その後保守合流ならまだしもこの段階で復党はありえ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/09 22:18
いじめを無くすには?秘策は団塊世代の活用?
 人が人である以上、いじめはなくならないでしょう。また、組織、集団の社会では必ず生じるという前提で対処療法を考えなければならないでしょう。  自分もいじめた側のリーダー(小学生のとき)であり、いじめられた学生(中学生のとき)でもあった経験からです。  なぜ、いじめが起きるのか。いじめになりやすい対象として存在しているからでしょう。それと、いじめる側が一人ではなくいじめ側が集団性(従わないと仲間はずれにされる)が伴っているからでしょう。しかし、何故いじめらた人は、昔は強かったのでしょう。他に受... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/07 22:58
浜松市長選・政治家の使い捨てはやめよう!!
 浜松市は2007年度から政令指定都市に昇格。05年7月に12市町村が合併し日本で2番目に広い面積の市が誕生した。人口は80万人強で静岡県下最大。  さて、その浜松市も来年4月には統一地方選挙がある。現市長の北脇保之氏は12月1日3期目の市長選に出馬すると表明した。旧市町村の合併、新市まちづくりを浜松市長に委託しその継続を望む声も強い。また、旧自治省、衆議院議員という経歴と過去2期の実績とその延長線上にある政令指定都市以降のまちづくりには欠かせない人物だとの認識があっての決意表明だ。当然のこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/07 22:27
大河ドラマ『功名が辻』で掛川が面白くなる(4)
大河ドラマ『功名が辻』で掛川が面白くなる(4) 掛川城公園内に「千代と一豊・掛川館」が開館中 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/05 09:40
書評(1)大人のための3日間楽器演奏入門
『大人のための3日間楽器演奏入門』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/21 19:18
豊田佐吉記念館訪問記
豊田佐吉記念館訪問記 障子を開けてみよ 外は広いぞ 静岡県湖西市で1867年に生まれた豊田佐吉翁の記念館を久々に訪れた。 何回来ても、落ち着いた空間である。トヨタのルーツに思いをはせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/16 22:57
何度でも行ってみたい法多山
何度でも行ってみたい法多山 初詣に法多山(ハッタサン) 静岡県袋井市にある法多山は元旦に10万人強の人が初詣に訪れた寺号「尊永寺」。 高野山信号宗に属し本尊正観世音菩薩は俗に厄除観音として知られているそうです。 駐車場から仁王門に至るまでは各種の店舗が両サイドにならび活気を感じさせる。 仁王門から法多山本堂までは結構な道のり。そこを過ぎると100段以上の石段が 待ち受けている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/09 21:06
海陽学園が今年4月に開校
ものづくりは人づくり ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/06 22:21
元旦の社説(読売・日経)
【読売新聞】人口減少時代へ国家的対応を=市場原理主義への歯止めも必要だ=   民族としての歴史的節目といえるだろう。急速な人口減少・高齢化は、経済・社会にさまざまな構造的変化をもたらす。中長期的には、経済成長の鈍化・停滞を招く懸念も大きくなる。労働力人口の減少に始まり、団塊世代の07年から09年の退職など懸念材料は続く。貯蓄率の低下による財政構造への変化をももたらすという。経済にも倫理が必要で、故ピーター・ドラッカーの1946年に述べた「株主とは・・ステークホルダー・・・、企業のほうが永続的な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/03 20:57
元旦の社説(産経・中日)
【産経新聞】新たに始まる未知の世界=アジア戦略の根幹は日米同盟= ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/03 10:57
元旦の社説(朝日・毎日)
【朝日新聞】武士道をどう生かす ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/01/02 19:16
元旦に思う
05年の366日目  昨年を引き摺ったままの2006年が年明けた感じだ。確かに昨夜紅白歌合戦を見た。日付をまたいで眠りにつき、31日の未明の帰省した田舎での目覚めは確かに1月1日となっている。田舎の家に響く郵便配達のバイクの音で目が覚める。この風物詩はやはり新年か、年が改まったのだと感じた。季節感か。  そうこうしている間に、戻らなくてはならない時間に。東名高速道路の上りを直走る。1日というのに上り方面の車は多い。幸にもほぼ予定通りに帰宅出来た。  街中に出て、新聞7紙を購入。元旦の各紙の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/01/01 22:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

知識の世界の扉を開けたとき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる